カテゴリ:LIVE( 20 )

えええ〜〜〜〜!!エルグランコンボと〜〜〜〜〜!

e0162799_11195154.jpg


ニューヨークインターナショナルサルサコングレス最終日のオオトリは
サルサの代名詞とも言える「エル・グラン・コンボ」。あの大きなボールルームが
半分以上立ち見で埋まる程。ニューヨークのナイトクラブで演奏する事が少なくなったので
ニューヨークでもなかなか見る機会がないのです。

そして〜〜〜〜〜〜土曜日に最高のパフォーマンスをしたYOKOさんが、な、な、な、なんと
あのエル・グラン・コンボと共演したのです〜〜〜〜〜!素晴らしい〜〜〜〜〜〜!!!

今年のコングレスはスポンサーの皆様にスポンサー席ステージの前に用意されていました。
勿論出演アーティストのYOKOさんは、そのスポンサー席でライブを見ておりました。
大先生達のパフォーマンス技をしっかり勉強させていただくために、一番前の最高の位置に座っていたYOKOさん。


全曲終わり、アンコールの声があがりました。そしてそのアンコールの曲は、あの名曲「Un Verano En Nueva York」。私もYOKOさんの横に座って見ていたのですが私はこの瞬間を忘れません!ボーカルのジェリー・リバス氏がYOKOさんの方を見て、小さく手と目配せで合図!もし漫画のように吹き出しがつくとしたら、「YOKO 上がってきて、歌うかい?」と私は入れますね。

もちろん、びっくりのYOKOさん。前日すばらしいパフォーマンスをやってのけたYOKOさんでも、やはり、
エル・グラン・コンボですから。そりゃびっくりするでしょう。でもここでビビらないのがYOKOさん!というかビビっている暇はありません。エル・グラン・コンボ様からお誘いを受けてステージに上がらないとはサルセラの名が廃ります。

ステージママの私はこんなチャンスはない〜〜〜〜〜〜〜〜!と思い子供の気持ちも考えず〜〜〜といった感じでYOKOさんに「行け!行け!行け!!!!!!」と連呼!

もちろん。あがりました!YOKOさん。エル・グラン・コンボの大御所のコーラスでYOKOさんがソネオ!
本当に感動の一瞬でした。なにが感動って、サルサファンとして、同じ日本人があのエル・グラン・コンボにステージに呼んでもらえる歌手として認知してもらえているということ、エル・グラン・コンボの皆様が本当に嬉しそうにYOKOさんのパフォーマンスを見守ってくれていた事、そしてなにより、YOKOさんのアクション、ステージに上がって歌ったということに感動しました。

皆さん、エル・グラン・コンボですよ。エル・グラン・コンボ!インプロですよインプロ!しかもスペイン語で!日本語でも即興で歌えって言われても私は歌えません!!!何がおこるか分からないけれども、大大大先輩からのお誘いに堂々と答えたYOKOさん。もちろん観客も大声援!これからまた共演する機会は必ずあると思います。でもその記念すべき第一回目をこの目で見れて本当によかったです。日本から来られた人で見られた方も多いと思います。

これです。これがライブの醍醐味!その場にいないと体験できない感動。見る事の出来ない観客やミュージシャンの表情。
これからもライブパフォーマンスを絶対にサポートしていきたいと、再度実感した瞬間でした。
[PR]
by yokosalsa | 2010-09-08 11:20 | LIVE

あっぱれYOKOさん!ニューヨークサルサコングレスで素晴らしいライブ

e0162799_923678.jpg

今年で10回目を迎えるニューヨークサルサコングレス。そのコングレスのコンサートシリーズの土曜日にYOKOさんが、ニューヨークのトップミュージシャンによって編成されたバンドをバックに素晴らしいライブパフォーマンスを行いました。

今回のライブ、本当にいろいろな人の協力を得て思いでに残る、見ている人の印象に残るステージとなりました。「Averiguadas」という曲で踊ってくれた総勢11名のダンサーの皆さん。本当にありがとうございました。振り付けはドゥプレッシーと広島のサルササンライズのともえちゃんが担当してくれました。広島のリンダも練習ビデオを用意してくれました。ダンサーの衣装は、ニューヨークでソーイング教室を開講し、Yokoさんの衣装を担当してくれているとしこさんが、忙しいなか衣装担当をかってでてくれました。

日本、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトルから集まったダンスメンバーがそれぞれビデオで練習し、NY入りしてからリハを行いました。限られた時間の中でみんなポジティブに一生懸命練習。
ライブバンドでのパフォーマンス経験は誰よりもあるドゥプレッシーが踊りはもちろんのこと、ステージング、ポーズ
歩き方とすべてにおいて細かいところまで指導してくれました。

そして、NY在住のダンサー、ユキさんとフランクさんもソロのパートナーダンスの所で参加してくれることになり
お2人もリハーサルにも積極的に参加してくださり、ご指導いただいたり有難うございました。

土曜日の当日も全員で集まって最終リハを行い、メイクや集合時間の刷り合わせをして一時解散!ライブ開始まであと約6時間。この6時間、ほんとあっという間でした。午後11時半から始まるライブ(実際はもうちょっといつものことで遅かったですが)。ヘア、メイクも考えて
YOKOさんも8時半過ぎにはヒルトン入り。控え室に入り、ここからはヘア・メイクのミドリさんの舞台。ドレスの色と
ステージでのYOKOさんのイメージを考えて、前もって髪型やメイクもみどりさんが考えてくれました。みどりさん、腕の見せ所です。
e0162799_9243351.jpg


その間にビデオカメラ部隊はカメラの設定、撮影アングルの刷り合わせを行いいい映像を撮影するためにスタンバイ。ミュージシャンも続々ヒルトン入り。土曜日の夜の部のダンスパフォーマンスが終了して、観賞用の椅子の撤収が始まりました。数千という椅子がホテルの職員によりかたずけられ、ダンスフロアが出来ていきます。其の間にステージでは、PAシステムの設定。12人というビッグバンドですから、設定にも時間がかかります。その間に、ダンサーはステージに上がり、ドゥプレッシーの指導のもと
最終確認。ドゥプレッシーのカウントにあわせてステージでささっとリハを行いました。楽器があるステージは
場所も狭いということもありなんとか1回はみんなでステージに上がって確認が必要だったので、それも出来てよかったです。

e0162799_9254213.jpg


椅子の撤収も終わり、DJが音楽をかけ始めたので、人が続々入ってきて踊り始めました。ダンスフロアもいい感じで埋まってきました。
バンドの設定も終了し、いよいよ出番です。いつもは「Empezo La Fiesta」がオープング曲だったのですが、今回はアルバム1曲目、「Este Ritmo Original」が一曲目でした。こちらイントロそしてコーラスから始まるのでYOKOさんも余裕を持ってステージに登場!としこさん作のピンクと銀色のゼブラガラのキラキラドレス!みどりさんがバシッと決めてくれたアップでステージの見栄えも最高!!!!
e0162799_9262412.jpg

3曲目にはトランペットソロ!ペアダンサーの登場!そして、セリアの曲「クカラ」では、YOKOさんがスパニッシュハーレムオーケストラのボンゴセロ、ホルヘ・ゴンザレス氏とのダンスステップを披露するなど盛りだくさんのステージ。勿論ボールルームの隅々まで響き渡る
YOKOさんの迫力の歌声とバンドの最高の演奏は、ダンサーの皆様の足を止めることはありませんでした。YOKOさんのライブを見たことのない人は、前列で1曲1曲すべての曲を熱心に聴いてくれていました。

e0162799_9271660.jpg


e0162799_9282175.jpg


1セット目終了。ダンサーの皆さんも集合して2セット目の出番を待ちます。2セット目の2曲目で、「Salseras de Asia」の登場です。
YOKOさんの紹介でステージに並んだ9名のダンサー。YOKOさんのドレスにマッチするピンクの衣装と髪飾り。ぱっとステージが華やかになりました。皆さん素敵な笑顔で楽しそうに踊っています。ホント、笑顔といいエネルギーって不思議な力を発揮します。
シャインチームが曲の途中で一回舞台の袖にはけまして、次にペアのゆきさんとフランクさんの登場。二人のダイナミックな踊りは観客を魅了!

e0162799_9292121.jpg

ライブ音楽の迫力に負けない踊りで大きな歓声が上がっていました。本当にハートで踊るお二人からも凄いエネルギーが出ていました。
そして、途中からは、トロンボーン奏者のジミー・ボッシュ氏のソロ演奏。彼の登場に観客も嬉しいサプライズ。そして彼のソロに対抗してYOKOさんのバンドのトロンボーン奏者、ウィリー・アルバレスもソロ対決。これまた普段見ることのできないパフォーマンスで観客も大喜び!!たった数分のパフォーマンスのためにこれだけの人が協力してくれ、そのポジティブエネルギーが終結して、YOKOさんの歌声と化学反応?を起こして本当に素晴らしい一曲となりました。

そして2セット目の3曲目は、YOKOさんが2006年にニューヨークサルサコングレスでチノ・ヌニェス氏のバンドでデビューした記念の曲「Empezo La Fiesta」。この曲が始まる前に「この思い出の曲はニューヨークコングレスを始めてくれた、故デイビッド・メレンデス氏にささげます。」とみんなにメッセージを伝えました。ほんと、4年前のYOKOさん。今あのときのパフォーマンスを見ると緊張が顔に溢れていています。でも今回のYOKOさんは違いました。4年の歳月をかけ、芸を磨き、CDもリリースしライブも行ってきました。その成長の結果が見事にステージパフォーマンスに現れていました。

CDやYoutube、I-Tuneから今簡単に音楽や映像を手に入れることができます。でも「あ〜、すごいよかった〜〜〜」という感動を与えてくれるのは、やはり生演奏、ライブパフォーマンスだと私は強く信じています。ライブだから、なにがおこるか分からない。その緊張感や、周りの観客の反応、歌手やミュージシャンの表情を間近で見たりなど、これだけはその場にいないと決して味わうことが出来ないからです。コングレスの写真やビデオでも様子は分かります。でもライブを生で見た人と同じ感動を得ることはできないと思います。

今回、YOKOさん、バンドのメンバーそしてダンサーの皆さんが見事に「あ〜、すごいよかった〜〜〜」と観客に感動を与えてくれました。


YOKOさんのライブは無事、そしてあっという間に終了。ライブ後は、ニューヨークの老舗CD ショップ「カサ・ラティーナ」ブースでCDを購入してくださった人にサイン会。CDも飛ぶように売れて皆さんYOKOさんと写真を取ったりとファンの人とも触れ合う時間が持ててよかったです。

第10回目の記念すべきニューヨークインターナショナルサルサコングレスに匹敵する素晴らしいライブパフォーマンスでした。
天国のデイビッドもきっと喜んでくれていると思います。

YOKOさん、最高のパフォーマンスありがとうございました〜〜〜〜!
[PR]
by yokosalsa | 2010-09-08 09:30 | LIVE

2/21ライブを行ないます!!

Yoko La Japonesa Salsera今年一発目のライブです!
マンハッタンから東に30分程いったクィーンズ区でライブを行ないます。
YOKOさんの大ファンで、デビュー当時から応援してくれている、
ソニアさんという女性プロモーターからの依頼で、出演することになりました。
電車では行けないところなので、車が必要ではありますが、皆様お誘い合わせの上
ライブにお越しください!!

宜しくお願いします!!

*****************************************************************
BRASSERIE CREOLE
227-02 Linden Boulevard
Cambria Heights, NY 11411

Sunday, February 21st
Doors Open @ 7pm
$15 in Advance/$20 Door


~~~~~~~~~~YOKO LA JAPONESA SALSERA ~~~~~~~~~~

FREE Salsa Dance Instruction
Dance Performance
Music by DJ Eric

Each Sunday Come Celebrate Birthdays and Special Events
2for1 Drinks 7-9pm
Tapas & Dinner Menus Available
Dress Chic, Trendy, Sexy ~ No Sneakers, Boots, Baseball Caps
21+ w/ID

For Reservations/Directions/More Info:
Text/Mobile: 347.728.7006
sdicupe@msn.com
http://www.MamboNYC.com


Musical Director: Willie Ruiz

Piano: Mike Eckroth
Base: Jose Tabares
Bongo: Jorge Gonzalez
Conga: Willie Romero
Timbales: Ralph Lopez Jr
Trumpet: Manuel Ruiz
Trumpet: Sammy Barreto
Trombone: Willie Alvarez
Trombone: Jose Davila
Baritone Sax: Carl Corwin
Coro: Eddie Rosado
Coro: Willie Ruiz
e0162799_1056355.jpg
e0162799_10562327.jpg

[PR]
by yokosalsa | 2010-02-21 10:56 | LIVE

ロス巡業!

11月19日の木曜日に、初の西海岸、ロサンゼルス巡業にいってまいりました。今回ロス巡業をオーガナイズしてくれたのは、現役ミュージシャン、ボンゴプレーヤーのボビーさん。彼は
ロスの人達に、ニューヨークサルサのサウンドをもっと知ってもらいたい!というミッションのもと、今迄、ニューヨークからエディー・パルミエリのリード・シンガーのエルマン・オリベラ、パワフルソネロ、フランキー・バスケス、ピート”エル・コンデ”の娘、シタ・ロドリゲスをゲストアーティストとしてニューヨークから招いて積極的にイベントを行なっています。

ロスに到着した時間が丁度お昼頃だったので、ランチをしよう!ということになり、なにを食べたい?と聞かれて、そりゃーロスといえば、もーメキシカンでしょう!ということでメキシカンを希望!人気のメキシカンレストランに連れて行ってもらいました。

目の前で作ってくれるフレッシュワカモレ!トルティーヤチップとの相性最高〜〜〜!シュリンプ&チョリソタコスは、プリップリの海老がごろごろと惜しげもなく入っており食べごたえ十分。チキンが入ったタマレス(トウモロコシの粉からできた、日本のちまきのような物)、これ又美味!美味しいメキシコ料理をいただきました〜!

と、食のツアーではないので、またサルサにもどりますが、腹ごしらえも済み、ホテルにチェックイン。8時半にピックアップに来てもらうので、それ迄ホテルでリラックス。夜のパフォーマンスに備えます!

今回イベントがあったのは、「Steven’s Steakhouse」というレストラン。レストランではあるのですが、なんと大きなバンケットルームがあり、メインダイニングにもステージとダンスフロアがあり、サルサのイベントにはもってこいの場所です。週に4日はサルサのイベントが行なわれていてとても人気のサルサ場なんだそうです。

この日YOKOさんの曲を演奏してくれたのは、ロスのサルサ界では知らない人はいないジョニーポランコバンド。会場もみるみるうちに人が集まり、 YOKOさんのパフォーマンスが始まる時には、応援に来てくださった日本人の皆さんを含め、多くの方がカメラをかまえて待機。YOKO さんのパフォがはじまったら、NY同様みんなカメラで写真撮影!としこさんが作ってくださった、オレンジ色の素敵なドレスに身を包み、YOKO さんもパワフルな歌声を披露!!ロス初巡業は皆様に暖かい声援を頂き、また新たな出会いがあり本当に楽しかったです!
エル・カンタンテに出演していた、エドウィンも次の日からサンフランシスココングレス出演だったにも関わらず、わざわざ応援にきてくれました!
ロスの人達にYOKOさんのパフォを見てもらい、歌声を聞いてもらえて本当によかったです!
ロスの皆様、来年またお会いしましょう!!!!!

By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/

e0162799_13545441.jpg


e0162799_13551957.jpg


e0162799_13554020.jpg

e0162799_135605.jpg

e0162799_13562988.jpg

[PR]
by yokosalsa | 2009-11-26 13:56 | LIVE

YOKOさんのライブ動画です!

先日行われた、パチェーコ氏のコンサートにゲスト出演し、セリアのクカラを熱唱するYOKOさん!大御所のフルート演奏もお見逃しなく!



By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/
[PR]
by yokosalsa | 2009-11-19 00:44 | LIVE

歴史に残る感動のコンサート!

11月14日(土曜日)、マンハッタン最北端、ドミニカ人タウンで知られるワシントンハイツにある、「The United Palace 」。タイムズスクエアのエンターテイメントをアップタウンにも!という目的で、1930年に建てられた歴史の劇場です。そこで、ファニアレコードの創設者、ジョニーパチェーコ氏のコンサートが開催され、な、な、な、なんとYOKOさんが、女性シンガーとして唯一招待され、ファニアオールスターズと夢の共演を果しました。


このコンサート、パチェーコ氏のバンドだけではなく、数多くのアーティストが参加してのコンサート。ファニアのスーパースター、チェオ・フェリシアーノ、イスマエル・ミランダ、アダルベルト・サンティアゴ、ボビー・バレンティン、ヨモ・トロ、ニッキー・マレロ、そして、「Sonora Poncena/ソノラ・ポンセーニャ」のパポ・ルカ、ドミンゴ・キノーニェス、ドミニカ人サルサシンガーのミチェル・エル・ブエノン、メレンゲ界の大スター、ジョニー・ベントゥラと、超豪華な顔ぶれ。これだけのメンバーが集まることは、ニューヨークでも年に一度あるかないかぐらいのまれなコンサートとなりました。

今年の始めに、パチェーコ氏のライブに飛び入り参加をさせていただいたのをきっかけに、3月にはパチェーコ氏のバースデー・コンサートにご招待いただきました。そして、今回のこのビックイベントにもお声をかけていただきましたファニアを立ち上げ、数々の大スターを生み出したパチェーコ氏からこれだけ絶大なるサポートをいただけるというのは、YOKOさんがパチェーコ氏の期待を裏切らないパフォーマンスができるアーティストという証なのだと思います。

ということで、どきどきのコンサート当日。コンサートの開始は、午後8時からでしたが、サウンドチェックがあるため出演者は午後4時過ぎに会場入り。YOKOさんも、セリアの大ヒット曲、「Cucala/クカラ」をバンドと音合わせ。マイク、モニターを確認して、サウンドチェック終了。としこさんの作ってくれたキラキラの衣装に着替え、YOKOさん持参の尾お茶を飲んで精神統一!コンサートのスタートを待ちます。YOKOさんの出番は8曲目。メレンゲの王様、ジョニー・ベントゥラの後、ドミンゴ・キニョーネスの前。ステージ横で待機していると、ファニアの大御所達も続々と登場。こんなスーパースターと同じ場所にいるーーー〜〜〜〜と感動しながらも、出番が近づいてきて緊張も高まってきました。

YOKOさんの出番の1曲前になったので、私はバックステージから、観客席へ移動!会場は超満員!このYOKOさんの晴れ舞台を撮影撮影!とカメラをかまえて待っておりました。気付いたら、カメラの電池が切れそうだったので、きゃーーーー、プラスとマイナスどっち〜〜と私も緊張のあまりちょっと焦りながら電池を交換!さージョニー・ベントゥラが終わってYOKOさんの出番です。

パチェーコ氏が、スペイン語で、YOKOさんの事を紹介。「次のアーティストは、日本人です」といった瞬間に、会場は「え?日本人???」というどのめきの反応。YOKOさんがステージに登場した時は、観客席からも「YOKO~~~~~」という大声援。本日のミュージカル・ディレクターのイシドロ・インファンテ氏のキューで、演奏が始まりました!YOKOさんの力強い歌声が、ユナイテッドパレスに響きわたります。

客席のお客様もノリノリ!パチェーコバンドのリードボーカルだった、故カサノバ氏の奥さんも最前列からYOKOさんに大声援。私もいちサルサファンとして、日本人として、本家本元のサルサ界で堂々と素晴らしいパフォーマンスを披露するYOKOさんを見て本当に感動しました。外国人が、異国の地で一旗あげるというのは簡単なことではありません。

と、YOKOさんのパフォが終わってまたダッシュでバックステージに!カメラマン達が、こぞってYOKOさんの写真撮影を開始。YOKOさん出番が終わりホッとする間もなく次は、バックステージで待機しているファニアの大御所達へCDを持って、「YOKOです。よろしくおねがいします!」と新人のご挨拶!大御所たち、皆様とてもいい人ばかりで、「がんばりなさい」と暖かいお言葉をかけてくださいました。

こんな記念すべき、コンサートに出演する機会を作ってくださった、パチェーコ氏に大大大感謝でございます。そして、これだけの出演者、コンサート主催者、そして会場を埋めつくした観客を納得させるパフォーマンスを披露したYOKOさんの実力は本当すごいと思います!!Yoko La Japonesa Salseraは、ヤンキースの松井にも匹敵するサルサ界のMVPプレーヤーです!

e0162799_7325753.jpg

サウンドチェック

e0162799_7341439.jpg

ステージ裏で出番を待ちます

e0162799_7345031.jpg

セリアのヒット曲クカラを熱唱!

e0162799_7352621.jpg

としこさんのドレスもキラキラで最高!

e0162799_7361196.jpg

YOKOさんとジョニー・パチェーコ

e0162799_7364234.jpg

YOKOさんとチェオ・フェリシアーノ

e0162799_7373424.jpg

YOKOさんとアダルベルト・サンティアゴ

e0162799_73872.jpg

YOKOさんとイスマエル・ミランダ

e0162799_7383797.jpg

YOKOさんとロベルト・ロエナ

e0162799_7391416.jpg

YOKOさんとパポ・ルカ

e0162799_743496.jpg

YOKOさんとボビー・バレンティン


By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/
[PR]
by yokosalsa | 2009-11-16 07:39 | LIVE

歴史に残るコンサート!Yokoさんがファニアの大御所と共演します!

11月14日(土曜日)、マンハッタンにサルサ界の大御所が集結して、
ジョニーパチェーコ氏の一大サルサコンサートが開催されます!

そこにな、な、なんとYOKOさんも出演することになりましたーーーーーーーーー~~~

ジョニーパチェーコ
チェオ・フェリシアーノ
イスマエル・ミランダ
ボビー・バレンティン
ロベルト・ロエナ
ドミンゴ・キニョーネス
アダルベルト・サンティアゴ
パポ・ルカ
レイ・ビエラ
の皆様が出演されます!!!

そこに女性、紅一点!しかもジャパニーズ~~~!で出演はYOKOさんのみでございます。

この歴史に残るコンサート!!!私も行きますので、しっかりレポートさせていただきます!!!!

NYから興奮気味の和子でした!!!




Apollo Productions Presents
JOHNNY PACHECO "El Maestro"
Su Historia Y Su Musica
Celebrando con Las Estrellas Y Su Tumbao

@ TEATRO UNITED PALACE
Featuring
ISIDRO INFANTE Y SU ORQUESTA
CHEO FELICIANO, ISMAEL MIRANDA,
ADALBERTO SANTIAGO, DOMINGO QUINONES,
MICHEL EL BUENON, BOBBY VALENTIN,
ROBERTO ROENA, PAPO LUCA, YOMO TORO,
NICKY MORRERO, JOHNNY VENTURA,
ALFREDO DE LA FE
and many more...
TEATRO UNITED PALACE
4140 Broadway & 175th Street, NYC
Doors Open 8PM
For more information call:
(212) 567-2200 - (212) 568-0915

e0162799_10352584.jpg


3月のパチェーコ氏の誕生日コンサートに出演した時に撮影しました。
[PR]
by yokosalsa | 2009-11-13 10:36 | LIVE

エルバリオ盛り上がりました〜!

10月21日(水)、ニューヨークの「エルバリオ/スパニッシュハーレム」と呼ばれる、イーストサイドのアップタウンにある、知る人ぞ知るサルサソーシャルクラブ、「Julio De Burgos/フリア・デ・ブルゴス」でYOKOさんがライブを行ないました。

行かれた方は(といってもそんなに日本人の人で、この地を訪れる人も少ないかとおもいますが)、ご存知かと思いますが、公民館のような建物で、ギャラリーなどあったり、地域に密着したコミュニティーが利用する施設。この一階を毎週水曜日サルサイベントを行っています。
私がNYに来てからちょっとして始まったので、おそらくもう7年ぐらいやっているのではないでしょうか。

こちらのお客様。平均年齢55歳(ぐらい?)平均ですので、かなり年配の方もいらっしゃいます。そうです。サルサの全盛期を見てきた人、毎晩クラブに通ってた人。ティト・プエンテ、エクトル・ラボー、セリアあげればきりがありませんが、サルサが最高に熱かった時期を堪能されてきたサルサファンばかりなのです。

ご年配が多いので、昔のように毎晩踊りに行くということはされませんが、週に一度、サルサ好きのお友達と会うという社交の場となっています。ライブバンドも入るので、もちろん侮ってはいけません。がんがん踊っていらっしゃいます。

開場は午後5時30分。バンドスタートは、8時から。常連客も多いので、午後6時半には会場にはかなりの人になります。ということで、CD販売ブースを設定させてもらおうと、私はYOKOさんや、バンドメンバーより一足先に会場入り。入り口にはいると、持ち運びできるポータブル金庫をもったオーナーのフェルナンドさんが座っています。あまり、愛想のないおじさんで、私がはいると、「How Can I help you?/なにか御用ですか?」と一言。

「あ、私、本日出演するYOKOのマネージャーです。今日は、YOKOさんのバンドにパフォーマンスの機会を与えてくれてありがとうございます〜!」といってもこれまたにこりともせず。。。。

ま、いいや〜と思いながら、CD販売のブースを設定させてもらいたいんだけど。ジミー・デルガド(ミュージシャンで、フリアデ・ブルゴスのバンドブッキングをしています)には伝えたんだけどーと言ったら、これまたにこりともせず、受付でぶらぶらしていた男の子にテーブルと椅子をもってこい!と命令。愛想が無いわりには、CD販売にもってこいのテーブルを用意してくれました。

YOKOさんのポスターを設置して、テーブルには、CD売ってますサインをたて、準備を開始。常連のプエルトリコ人のおばちゃんが1人やってきて、「あんた何売ってんの?」と聞いて来たので、「あ、今日出演するYOKOさんのCDを販売してます。」と伝えると、「そうかい。でもまずは彼女の歌を聞いてみないとね。」といってダンスフロアに消えていきました。

そうしている間にもどんどん常連さんがやって来ます。そして、ミュージシャン達もちらほら会場入りを始めました。8時のヒットタイムにむけて、バンドメンバーはセッティング開始。YOKOさんも会場入りし、全員そろいました。

そうするとまた、こんど他の常連客のおばちゃん(けっこう怖い感じの、貫禄たっぷりのおばちゃんです!!)がCD販売ブースにやって来ました。私がまた、「今日出演するYOKOのCDです。」と進めると、「彼女のパフォーマンスは本当にいいのかね?演奏聞いてから判断するわ。」

なんだか、サルサのメッカ、バリオだけあり、観客もかなりの強者!と、知ってはいたけど、のっけからちょっと洗礼を受けた感じもありながら。。。。

さー、8時をまわり、司会のジミー・デルガドが、次週のイベントアナウンスをし、遂に、YOKOさんを紹介!演奏が始まる前から、ステージ(って、ステージがないので、観客とパフォーマーは同じレベルにいるのですが)の前は人、人、人!YOKOさんのパフォーマンスを近くで見ようとかなりの人だかり。

演奏が始まりました。YOKOさんが歌い始めると、みんなお友達同士、顔を見合わせてびっくり顔!そしてその後すぐに、「なによ、このこ!なかなかやるじゃない〜」という表情です。そして、ダンスフロアも、みんなところ狭しと踊っていました。

彼女の演奏を聞いてから、CD買うかどうか決めるわっていっていた強面のおばちゃんも、1曲目の途中で、「ちょっと、あんた、私CD買うからとっといてよ〜」と声をかけにきてくれました。

会場にはYOKOさんのバンドのうわさを駆けつけたプロモーターの人たち(YOKOさんのバンドを雇いたい人たち)も何人もきていました。(なんか、野球のスカウト陣が来てるみたいでしたよ)

また、女性オーディエンスからの声援が本当に嬉しいぐらいに沢山いただけました。セリアのように、男性にも負けないサルサ女性シンガーいないので、そこにこれだけパワフルなバンドで、ハードコアなサルサをパワフルに歌い上げるYOKOさんの姿に感動していただき、2セットとも、前でのりのりで応援してくれる人達もいました。(本当にありがたいです)

ここでのライブが決まったときから、実は一番緊張する場所でした。サルサで育ち、サルサの全盛期を知り、サルサをこよなく愛すサルサ御意見番がわんさかいる、フリア・デ・ブルゴスだからこそ、YOKOさん、そしてバンドの器量が試されるところでもあったからです。

そんなフリア・デ・ブルゴスに集まる真のサルサファンに喜んでいただけました。これからもっともっと上を目指して頑張っていける!という自信と、「エルバリオ認定」という太鼓判を頂いたようなそんな思い出に残る一夜となりました。

By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/

e0162799_1347475.jpg
e0162799_13481891.jpg
e0162799_13483990.jpg
e0162799_1349343.jpg
e0162799_13491949.jpg
e0162799_13493423.jpg

[PR]
by YOKOSALSA | 2009-10-23 13:49 | LIVE

ブロンクスのサルサファンの前でパフォーマンス!

10/10土曜日、ちょっと肌寒いブロンクスで行なわれた
ラテンフェスティバルに出演してきました!

9月15日から10月15日は、Hispanic Heritage Monthとよばれる、ラテン文化を祝う月で、各地でいろいろなイベントが開催されます。そのHispanic Heritage Monthのフィナーレを飾る最大のストリートフェスティバルです。

このイベント、主催は、ブロンクス地区のプレジデント、ルーベン・ディアス氏が主催するイベント。彼自身もイベントに顔を出し、YOKOさんもご挨拶。ブロンクス住人でもあるYOKOさん。ディアス氏もYOKOさんのイベント参加を喜んでくれました。

そして、YOKOさんが推奨する”100%Hardcore Salsa"バッジを差し上げたところ、すぐにジャケットにつけてくださいました。

当日のとりはサルサバンドの「コンフント・クラシコ」その前に、レゲトン、ラッパー、マリアッチバンドといろいろなグループがショーケース。
YOKOさんの出番の前に、レゲドンを歌うカップルの登場。

会場に集まっている観客は、もちろん、コンフント・クラシコのパフォーマンスを待っているぐらいですから、サルサジェネレーションの皆様。 YOKOさんの前のレゲトンカップルもとてもキュートで、エネルギッシュなパフォーマンスだったのですが、サルサジェネレーションには3曲続けてのレゲトンはしょうしょう、退屈だったらしく。。。。

YOKOさんの曲が始まるやいなや、大歓声!みなさん踊り出し、動いていなかった観衆が動きはじめました〜〜〜〜。
YOKOさんのパフォーマンスの後、皆さん YOKOさんの歌を気に入ってくれて沢山の方にCDをお買い上げいただきました。

サルサはクラブに踊りにいかないけれど、大好き!というファンの方は沢山いらっしゃいます。そういう人たちにリーチして、YOKOさんのパフォーマンスを見ていただくには、皆様のもとにこちらから行く事も必要でございます。夏も終わり、今年最後のアウトドアイベントに参加できて、本当によかったです!

ブロンクスのハードコアサルサファンにも暖かい声援を頂き本当によかったです!!
e0162799_8324013.jpg
e0162799_8325780.jpg
e0162799_8331695.jpg
e0162799_833486.jpg
e0162799_8342147.jpg
e0162799_835857.jpg
e0162799_8353049.jpg



By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/
[PR]
by yokosalsa | 2009-10-12 08:37 | LIVE

10/10(土曜日)YOKOさん、ブロンクス最大のラテンフェスティバルに出演!

9月15日から10月15日は、
Hispanic Heritage Monthとよばれる、ラテン文化を祝う月で、各地でいろいろなイベントが開催されます。

そのHispanic Heritage Monthのフィナーレを飾る最大の
ストリートフェスティバルが、ブロンクスで明日の10月10日(土)
開催されます。

ニューヨークでのラテン系ストリートフェスティバルに
いったことのある方はご存知かと思いますが、まー
人、人、人、人、人!!!!!!何千人という人たちが集まり、
屋台の料理を食べたり、踊ったりとそりゃもう大騒ぎさ状態です。

そのイベントにYOKOさんも出演することになりました。CDから数曲歌います。

ブロンクスのラテンコミュニティーにYOKOさんの歌声を聴いてもらえます!(いえーい!)

NYにお住いの方、楽しいアウトドアイベントになること間違いなしです!是非お時間ありましたら、遊びにきてください。

YOKOさんは、午後4時ごろの出演です!
宜しくお願いしマース!

LATIN FEST 2009 BRONX NEW YORK

Date: Saturday, October 10, 2009
Time: 12:00pm - 6:00pm
Location: In the Heart of Downtown Bronx
Street: 3rd Avenue from 149th Stree to 154th Street
City/Town: Bronx, NY

BY KAZUKO
[PR]
by yokosalsa | 2009-10-10 05:10 | LIVE


NYで活躍サルサシンガーYOKOの最新情報をお伝えします!


by yokosalsa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
MUSIC
LIVE
MUSICIAN
NEW YORK
TRAVEL
FRIENDS
TV
STORES
MEDIA
MOVIE
RADIO
BEAUTY
SALSA
dance
Fashion
未分類

メモ帳

YOKOオフィシャルウエブサイトはこちらをクリック!
www.yokosalsa.com

以前の記事

2013年 02月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧