カテゴリ:MUSICIAN( 3 )

ミュージシャンとダンス

最近おもろいことにきがついた。
最近またダンスの教室に通いだしたのだが、なんとそのクラスにはミュージシャンがひとり! サルサじゃないんだけど。 
よく、私と踊ってくれる人が、「ようこさんリズムいいですね!」といってくれるが、私としては「????だって、わたしミュージシャンやん!」とおもっておりました。そんな特別な事ではなく、私としては当たり前、というか。。。。。

だけど!気がついたのらー。 音楽やってて、リズムがとれるからといって、それに体がついていくとは限らないのらー。

ちなみに、このクラスに来てるミュージシャン人はリズムと体が一致しているので、ほんと、安心できます。特に! クラーベの始まりがヒックリかえるところとか、素早くキャッチしてくれるので、気分がよくって。 私は、歌うので、1、と5が反対のままだと、かなり気持ち悪い。 でも、気にせずついていってますけど。

たとえば、そういうこまかい、小節の初まりなんかはミュージシャンはすぐキャッチするだろうけど、ミュージシャンとて、ピンからキリまで、いるので、リズムの悪いやつもおりますわ。 その点、スパニッシュハーレムオーケストラの、ジョージデルガドさんは、うまいよー、踊りも演奏も。ま、いいか。 下手なひと、一杯しているけど、言わない。 

私も、早い曲だと、体がついてかん。これは音楽的というよりも、体育的です。 
[PR]
by yokosalsa | 2012-01-03 14:47 | MUSICIAN

サルサの巨匠ジョニー・パチェーコがYOKOさんを絶賛!

e0162799_1585183.jpg

"FANTASTICO!"
by Johnny Pacheco


12月13日の土曜日、マンハッタンから車で1時間程北に上がったところにある「WEST GATE LOUNGE」に行って参りました。この日の出演バンドは、ファニア・レコードの創設者、ジョニー・パチェーコ氏のバンド。そして、な、な、な、なんと、我らがYOKOさんがエクトル・ラボー、ウィリー・コロン、セリア・クルースを発掘したサルサの巨匠、ジョニー・パチェーコ氏と共演しました!!!!!
(下記にその記念すべき映像を掲載しております)

「WEST GATE LOUNGE」は、Best Westin というホテルの中にありまして、隣接するダイナーと中でつながっております。そこが、出演ミュージシャンの方々の控え室といいますか、時間迄コーヒーを飲んだり、雑談をする憩いの場所?となっております。もちろん、パチェーコ氏の様な大御所は、別室で待機ではございますが、ミュージシャンの人たちに挨拶の為ダイナーに入って来られました。

YOKOさんももちろん、大御所にご挨拶。なんとCDも聞いてくださっていたらしく、「CDいい出来じゃないかい。アレンジもいい。」とお褒めの言葉。YOKOさんも私も、天下のパチェーコ氏からのお言葉に感動〜〜!なんといっていいやら。。。

そして、実は、この日の「感動」はこれだけではありませんでした。なんとなんと、バンドのレパートリーの一曲、セリア・クルースの「Cucala」を歌うチャンスをYOKOさんにくださいましたー。

セリアを発掘したパチェーコ氏。本家本元と「Cucala」を歌える機会のある人が世界中何人いるでしょうか。というかそんな機会に恵まれるひとはそうはいないと思います。とういか殆どいないのではないでしょうか?

曲が始まる前に(ビデオを見ていただけるとわかりますが、音が悪いので聞こえにくいのですが)パチェーコ氏が「女性シンガーをここで紹介したいと思います。彼女は最近アルバムをリリースしました。日本人サルサシンガーのYOKOです。さー、これから一曲歌ってもらいます。さー彼女のお手並み拝見といきましょう!」とお茶目なイントロでYOKOさんをステージに迎えてくれました。

もちろん、YOKOさんのCDは既に聞いてくださっていたパチェーコ氏。でもライブパフォーマンス、生で彼女の歌声を聞くのは初めて。イントロが始まりYOKOさんがパワルフな声で歌い始めると、これまたビデオを見ていただいたらわかるのですが、「うむ、この娘やりよるな」というパチェーコ氏の笑顔。曲もスィングして、大御所もご満悦のご様子。

曲が終わり、夢の共演を楽しんだ観客の皆様に「発音もいいし、歌唱力も素晴らしい!」とコメントするパチェーコ氏。YOKOさんも「ファンタスティコ!(ファンタスティック!)」と直接お褒めのお言葉を頂きました。

パチェーコ氏は、最高のパフォーマンスを提供するため、シンガーに対しても、ミュージシャンに対してもとても厳しい方で有名です。彼がバンドメンバー以外の人をステージに上げてくれるというのは、本当に珍しい事だそうです。そんなサルサレジェンドがYOKOさんをステージに上げてくださっただけでも驚きなのに、お褒めお言葉を頂けるなんてーーー凄すぎます!!

YOKOさんは日本の誇りです!!!!





By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/
[PR]
by yokosalsa | 2008-12-17 15:18 | MUSICIAN

エルバリオの重鎮

e0162799_14201083.jpg

チェオ・メディーナ氏とYOKOさん

エルバリオにある「エルバリオミュージック」(そのまんまですが)こちらも116丁目の駅近くにあるお店でございます。

こちらもYOKOご挨拶にいってきました。お店の中で店長、店員にご挨拶をしていると、やってきましたエルバリオの重鎮チェオ・メディーナ氏。いつもこのCDショップでハングアウトしています。

彼は「マデラ・フィーナ」というバンドのリードボーカルで、80年、90年代大活躍のサルサシンガーでございました。彼も素晴らしいソネロ!でございます。

お店の人がYOKOさんのCDを店内でがんがんにかけてくれているときに、やって来たチェオ氏。外にもスピーカーがあり店の前で常連さん達と話しながらYOKOさんのCDを視聴してくれていた模様で、入ってくるやいなや、「GREAT JOB! YOKO」とお褒めの言葉をいただきました。

が、さすが、業界の大先輩一般人と聞いてくるところもちょっとちがいます。
チェオ:「CDのミックス、マスターはだれがやったんだ?」
YOKO:「ウィリー・ルイスがやりました」
チェオ:「ソネオ(サルサ特有のインプロの部分で、一番サルサシンガーの力量が問われるところ)はだれが書いたんだ?」
YOKO:「ウィリーにちょっと手直ししてもらったけど自分でやりました」
チェオ:「ウム。よろしい。サルサシンガーたるものソネオが自分でできないようじゃだめだ。YOKOももっともっと練習しなさい。練習すればどんどん上達する。私もいつでもヘルプするから。なにかあったらいつでも連絡するんだよ」との暖かいお言葉。このかたもちょっと見た目怖そうですが、若手にいろいろアドバイスをくださる業界の大先輩です。

YOKOさんは、大先輩方からの期待の星であり、また先輩のいうことを聞いて技術アップをはかるYOKOさんの姿勢があるからこそいつも暖かいお声をいただけるのだなーと思います。


By Kazuko

YOKO オフィシャルサイト
http://www.yokosalsa.com/
[PR]
by yokosalsa | 2008-12-01 14:20 | MUSICIAN


NYで活躍サルサシンガーYOKOの最新情報をお伝えします!


by yokosalsa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
MUSIC
LIVE
MUSICIAN
NEW YORK
TRAVEL
FRIENDS
TV
STORES
MEDIA
MOVIE
RADIO
BEAUTY
SALSA
dance
Fashion
未分類

メモ帳

YOKOオフィシャルウエブサイトはこちらをクリック!
www.yokosalsa.com

以前の記事

2013年 02月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧